高知県理学療法士会  
年間スケジュール
ご挨拶

公益社団法人             
                          高知県理学療法士協会
                          会 長  宮本謙三





公益社団法人 高知県理学療法士協会は、理学療法の高知県内への普及を図るとともに県民の医療・保健・福祉の発展に寄与し、合わせて会員の職業倫理ならびに学術技能の質的向上を目的に、昭和46年に発足いたしました。以来、リハビリテーション医療の広がりとともに会員数も増加し、平成27年には約1500名の会員を擁する組織に発展してきました。平成24年には公益社団法人となり、広く公益に資する団体として積極的な活動を展開しております。

本会の対外的な活動としましては、@理学療法週間期間における県民への理学療法啓発、公開講座、A健康相談、体力測定などのイベント参加、B県、市町村、社会福祉協議会、友の会などの各種団体からの要請に基づいた理学療法士の講師派遣、C介護保険におけるケアマネージャー研修会、D高齢者福祉計画事業などへの協力、E障害者スポーツ大会への医療活動ボランテイア参加、全国障害者スポーツ大会への帯同、F高校生のための進路相談、などを行っています。

高齢社会の到来した今日、理学療法士の活躍の場は、医療機関や福祉施設のみならず、地域社会、保健行政、スポーツ領域など多岐にわたってきています。理学療法を通して、リハビリテーション医療を支え、地域を支える医療職として、皆さんの負託に応えるべく、最善の努力を積み重ねていきたいと思います。

これからも本会の活動にご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。