高知県理学療法士会  
自宅でできる介護

このコーナーでは,家庭での動作介助方法などについて,紹介させていただきます。

1.車いす〜ベッド間の移乗方法

からだの半身に麻痺がある方の移乗方法について説明します。

*車椅子の各部の名前


■介助者と一緒に乗り移りする場合

  1. からだの良い方がベッドになるように車いすをつけます。ブレーキをかけ,フットレスト(足おき)を上げます。
    立ち上がりやすいように,お尻を前方にずらしておきましょう。
  2. 良い方の足は後ろへ,不自由な方の足は前へ出し,介助者はできるだけ身体を近づけます。
     介助者が腰を痛めないようにするには,腰を曲げるより膝を曲げましょう。


  1. 介助者は,対象者の上半身を(お辞儀をするように)前方に傾斜させ,その後,膝を伸ばしながら一緒に立ち上がります。
  2. 十分に立ち上がってから,良い方の足を軸に回転する。
  3. おじぎをするように一緒にゆっくりと腰かける。
    介助者は,腰に負担がかからないように膝を曲げて。


【ポイント!】
移乗者
  1. 立つ前は浅く腰掛ける
  2. 良い方の足を手前に引く。
  3. しっかりお辞儀をしてから立ち上がる(すわるときも同じ)。
介助者
  1. しっかりからだを近づける。
  2. 腰に負担がかからないように膝を曲げる。

■ひとりで乗り移りできる場合

*車椅子の位置はなるべく体の近く,下図のような位置におく。


  1. 良い方に車いすを置き,ブレーキを確認します。
    ベッドに浅く腰掛け,良い方の足を手前に引きます。
  2. ベッドか車椅子のアームレスト(肘おき)に手をつき,おじぎするように立ち上がります。
  3. 立ち上がったら良い方の足を軸に回転し,シートにお尻を向けゆっくり腰かけます。
    腰をおろすときは,立ち上がるときと同じように,おじぎするようにして行います。


‐今後の掲載予定‐
2.ベッドからからだを起こす方法
 ・介助者と一緒にからだを起こす場合
 ・ひとりでからだを起こす場合
3.立ち上がる方法
 ・イスから立ち上がる方法
 ・床から立ち上がる方法
4.ベッド上の体位変換の方法
5.車いすと操作方法
6.歩行と介助方法

*動作の介助方法などについての掲載希望がありましたら,「お問い合わせ」までメールでご連絡ください。可能な限り,皆様のご要望にお応えしていきたいと思います。